株式会社電硝エンジニアリングは精密洗浄を中心とする各種製造装置の総合メンテナンスを主力にLCD等硝子基板の化学研磨を主業務としています。

精密洗浄と純水の電硝エンジニアリング:スペシャルコンテンツ

電硝エンジニアリングの特別情報をお伝えします

「International Journal of Thermophysics」に論文掲載

学会誌「International Journal of Thermophysics」に論文が掲載されました

International Journal of Thermophysics

弊社代表 住母家の論文が学会誌「International Journal of Thermophysics」 に取り上げられ掲載されました。

 

(概要)
This study presents the distillation separation of hydrofluoric acid with use of the salt effect on the vapor–liquid equilibrium for acid aqueous solutions and acid mixtures. The vapor–liquid equilibrium of hydrofluoric acid + salt systems (fluorite, potassium nitrate, cesium nitrate) was measured using an apparatus made of perfluoro alkylvinylether. Cesium nitrate showed a salting-out effect on the vapor–liquid equilibrium of the hydrofluoric acid–water system. Fluorite and potassium nitrate showed a salting-in effect on the hydrofluoric acid–water system. Separation of hydrofluoric acid from an acid mixture containing nitric acid and hydrofluoric acid was tested by the simple distillation treatment using the salt effect of cesium nitrate (45 mass%). An acid mixture of nitric acid (5.0 mol • dm−3) and hydrofluoric acid (5.0 mol • dm−3) was prepared as a sample solution for distillation tests. The concentration of nitric acid in the first distillate decreased from 5.0 mol • dm−3 to 1.13 mol • dm−3, and the concentration of hydrofluoric acid increased to 5.41 mol • dm−3. This first distillate was further distilled without the addition of salt. The concentrations of hydrofluoric acid and nitric acid in the second distillate were 7.21 mol • dm−3 and 0.46 mol • dm−3, respectively. It was thus found that the salt effect on vapor–liquid equilibrium of acid mixtures was effective for the recycling of acids from acid mixture wastes.

ページトップへ

イノベーション推進事業に採択

弊社の事業が、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)が行う平成22年イノベーション推進事業に採択されました。

事業名称:

フッ酸を一成分とした混酸廃液のフッ酸の蒸留再生装置の実用化

 

事業概要:

資源枯渇が危惧され、中国が輸出制限を強化し、価格が高騰しているレアーアース、蛍石の有効利用を可能にする技術です。

当フッ酸蒸留再生装置の実用化により、地球資源循環型社会構築の一助となるのみでなく、

  • 強酸廃棄物の削減、
  • 地球環境保全、
  • さらに、企業の国際競争力強化

という効果をもたらす事業であります。

 

NEDOとは

経済産業省系の独立行政法人で、正式名称は新エネルギー・産業技術総合開発機構。

日本の産業技術とエネルギー・環境技術及びその普及を推進する日本最大規模の中核的な研究実施機関として、「産業技術力の強化」と「エネルギー・地球環境問題の解決」の2つの重要なミッションを担っている。

昭和55年設立の新エネルギー総合開発機構が前身で、平成15年10月に改組。

本部は神奈川県川崎市幸区。

ページトップへ

Economist(エコノミスト)紹介記事

本家、海外版【Economist】に掲載されました!

Economist(エコノミスト)01

Economist(エコノミスト)02

Economist(エコノミスト)03

 

ページトップへ

弊社代表・住母家の寄稿書

貴金属・レアメタルのリサイクル技術集成

貴金属・レアメタルのリサイクル技術集成01

貴金属・レアメタルのリサイクル技術集成02

貴金属・レアメタルのリサイクル技術集成03

ページトップへ

化学研磨なら電硝エンジニアリング:スペシャルコンテンツのメニュー